なぜ普及している?遠隔支援システム導入の背景とは



近年、スマートグラス等のウェアラブル端末を活用した遠隔支援システムが多数開発されています。

その機能性から、導入を開始する企業も増加傾向に。今後の需要もますます拡大されることが予想される、次世代の現場作業支援ツールです。


本記事では、遠隔支援システムが何故導入されているのか、どのように活用されているのかについて解説します。

自社内の課題や背景と照らし合わせつつ、導入の参考にしてみてください。

遠隔支援システムとは

スマートグラス等のウェアラブル端末を活用し、遠隔からの作業支援を行うシステムです。


スマートグラス等に内蔵されているカメラで撮影した現場の映像や音声を、リアルタイムで遠隔地の端末に送信します。

遠隔地にいる従業員は、受信した映像から作業現場の状況を把握でき、通信機能で現場とやり取りしながら遠隔作業支援を行うことが可能です。


これまで現場に駆けつける必要のあったケースも、遠隔支援システムならその場で解決が可能。移動にかかるコストや無駄な時間を削減することができます。


他にも、現場からのリアルタイムな映像を使用した教育研修や、カメラ映像を記録として残し技術継承のために利用するなどの活用方法があります。

遠隔支援システムが導入されている背景

■熟練技術者の減少

人手不足や後継者問題と言った社会的背景から、属人化・高齢化による熟練作業者の減少が大きな問題となっています。


現場作業は常に流動的かつ迅速な作業を求められるため、若手技術者を教育する余裕がないことがほとんど。なかなか次世代の作業者を育成することができませんでした。


こういった問題を解決するためにAIやロボットの活用が注目されていますが、実際には熟練技術者の経験や技能をデジタル化することは難しく、限界があります。

細かなスキルまで伝達するには、対人での教育が必要でしょう。


遠隔支援システムは、若手技術者の教育ツールとしても活用できます。

現場にいる若手技術者がスマートグラスを着用し、遠隔支援ソリューションで遠隔地の熟練技術者と接続。熟練技術者は受信されるカメラ映像に対し、指示やフィードバックを出すことで若手技術者の教育を図ることができます。


若手技術者は遠隔支援システム越しに熟練技術者を伴っているため、安心して作業を行うことができ、より実践的な練習を行う事が可能に。

双方にとって無理のなく、効率的な若手教育が実現します。


■作業の非効率性

技術者が現場の状況を把握することが必要な場合、従来であれば現場に向かうか、電話やメール等で伝えるという手段しかありませんでした。現場までの移動にはコストと時間を要し、電話やメールでは内容が充分に伝わらず伝達ミスが起こるといったケースが発生します。

こういった非効率的な作業は、工期を延ばす原因となったり、トラブル発生の際に迅速に対応できないなどの事態に結びつくことも。

しかし、遠隔支援システムを活用すると、事務所にいる従業員の現場までの移動コスト・時間をカット。リアルタイムで現場の映像を確認できるため、正確に現場の状況を把握できるようになります。


■働き方改革の推進

現代の様々な労働問題を是正する目的で施行された働き方改革。

作業現場においても、長時間労働や労働人口の不足などといった課題を抱え、働き方改革の推進に注力している企業も少なくありません。


福利厚生を充実させるなどの取り組みも必要ですが、業務の負担を軽減し、効率向上を図ることも重要な働き方改革です。


特に現場では、先述した熟練技術者の減少や非効率的な作業の繰り返しで、従業員の負担を増大させてしまっている場合が多数。しかし、遠隔支援システムを活用して作業の負担を削減することにより、これらの課題を解決できます。

こういった社会の流れにより遠隔支援システムを導入する企業も、年々増加傾向にあります。

まとめ

遠隔支援システムが導入されている理由と、その活用方法について解説いたしました。

遠隔支援システムLiveOn(ライブオン)では、カメラ映像の録音・録画機能やスナップショット機能も利用可能。従来の遠隔支援システムの活用方法に加え、さらに多岐に渡る活用が可能です。資料の共有も可能なので、マニュアル等を閲覧しながらハンズフリーでの作業も実現します。

自社内での課題解決のために、LiveOn(ライブオン)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。