スマートグラスで活用すべき。遠隔支援ソリューションとは?



近年、スマートグラス等のウェアラブル端末が現場作業を中心に新たな働き方改革のキーとなっています。その秘密は遠隔支援ソリューション。遠隔指示や遠隔作業支援とも呼ばれるこの機能ですが、実際にはどのように活用されているのでしょうか。

本記事では、スマートグラスと遠隔支援ソリューションとはどういう物なのか、その活用事例とメリットを解説いたします。

スマートグラスとは?

まず、スマートグラスの概要についておさらいしましょう。

スマートグラスはメガネ型のウェアラブル端末で、メガネのように装着して使用します。

ディスプレイやカメラ、マイクなど様々な機能が搭載されており、撮影した映像を使った遠隔支援や、自分の視覚にディスプレイ上の情報を重ねるということも可能です。これらの特徴を活用し、主に作業現場で利用されています。


スマートグラスは、主に片目タイプと両目タイプという二つのタイプに分かれます。

片目タイプはディスプレイに表示される情報は小さめですが、自分の視界を広く確保できるため手元の作業に集中しやすいです。また両目タイプより軽量の物が多く、扱いやすいのも特徴です。

両目タイプは資料や図面が目の前に大きく表示されるため、マニュアルを重視した作業をする際に便利です。

遠隔支援ソリューション活用事例

スマートグラスはスマートフォンのように、アプリケーションをインストールしてその用途を広げることができます。建築や製造業といった作業現場では、遠隔支援ソリューションのアプリケーションを活用されることが多いです。


これまで作業者が不明点を技術者に伝えるためには、技術者に現場まで来てもらうか、電話で口頭で伝えるか、写真と文字をなんとか駆使してメールで伝えるかという手段しかありませんでした。これでは伝えたい内容が充分に伝わらなかったり、伝達ミスが起こってしまうというケースが多数。技術者の移動コストと時間の浪費も問題になっていました。


そういった現場で遠隔支援ソリューションを活用すると、よりスムーズに的確にやり取りができるようになります。


作業者はスマートグラスのカメラで作業中の手元を撮影し、内臓されているマイクで技術者に指示を仰ぎます。事務所にいる技術者はパソコンに送られてきた映像を確認しながら、図や文字を書き込みながらマイク越しに応答し支援を行います。


このような活用方法で、作業者と技術者がそれぞれ遠隔地で仕事ができるようになり、業務効率の向上や作業ミス削減といった効果を得ることができます。


遠隔支援ソリューションのメリット

人員の最適化

経験の浅い作業員が1人で現場作業にあたってもカメラとマイクでリアルタイムの情報をやり取りすることにより、熟練技術者がその場にいなくても的確な指示を受けることができます。これまではスマートフォンなどを利用したビデオ通話を使うという手段もありましたが、両手が塞がってしまい同時に作業することが困難でした。遠隔支援ソリューションはそういった問題も解決してくれます。


技術の継承

そして、技術の継承ツールとして活用できるというメリットもあります。

スマートグラスで撮影した映像は記録として保存できるので、新人研修や技術者の育成にも活用できます。実際の映像を使用しているのでリアリティがあり、より実践的な教育を行えます。現場から研修会場にいる多数の新人に、一気に同じ情報を共有することもできますよ。

熟練者の高齢化や減少により技術継承が問題となっている昨今、新人への教育を負担なく正確に行うために非常に便利なツールと言えるでしょう。


まとめ

スマートグラスと遠隔支援ソリューションの活用事例やメリットなどを紹介しました。

働き方改革が進められている中、スマートグラスを導入し作業の効率アップや従業員の負担軽減を目指す企業も増えています。

遠隔支援ソリューションLiveOn(ライブオン)には、録音録画機能やスナップショット機能など便利な機能が搭載しています。

LineOn(ライブオン)の導入で、さらに効率的な作業現場を目指しましょう。

©2018 by 遠隔作業支援-IOTソリューション.