スマートグラスとは?その活用法とおすすめしたい最新機種を紹介



消費者ニーズの多様化、人手不足、技術革新などさまざまな面から、製作現場の業務効率化が急がれています。

これらの問題を解決するためにも、「スマートグラス」の導入が必要ではないでしょうか。

スマートグラスとは何なのか。どのような製品があり、どのように活用するのかを本記事で詳しく解説いたします。

業務効率化を検討されている製作現場の関係者の方はぜひ、ご参考下さい。



スマートグラスとは

眼鏡型のウェアラブル端末のことで、一般的にはカメラやGPS、マイクなどの機能が付随されています。

小型のプロジェクターをフレーム部分に組み込み、映像を視野内に光学的に投影する特殊レンズを搭載しています。レンズ部分に画像や文字が表示され、製作現場において両手を塞ぐことなく作業が続けられます。

常に身に着けていられる眼鏡というアイテムに、スマートフォンのような機能が搭載されているようなものです。

現在で多く見られるの、ネットサーフィンや動画鑑賞に使用されるケース、アスリートたちのトレーニング用や現状把握、そして作業現場などの作業効率化を目的に使用されています。


作業現場での活用例

実際にスマートグラスはどのようにして活用するのか、一例をご紹介します。


トラブルへの迅速な対応

実際に現場にいなくても、スマートグラスを介してリアルタイムな現場の状況を共有することが可能です。例えば機械が故障してしまった際、修理担当と映像を共有することで今行える修理を行えたり、メンテナンスの必要有無を確認することができます。責任者への確認や、指示などをスマートグラス越しに交わせるため、トラブル解決への時間が短縮されます。


作業手順を確認する

新しい業務などの作業手順を目の前で確認しながら進められるため、業務内容の理解率の向上や適切な作業が行えます。また経験が浅い作業員らにとっても、作業手順が確認できる環境は働きやすい現場でもあり、エビデンス化にもつながります。


遠隔的なサポート

指示を出す側が、出張先や離れた作業現場にいる際でも作業現場の状況を共有し合えるため的確な指示を出すことができます。また進歩状況の把握や、変更点の確認なども行うとより作業の効率化や品質の向上にもつながります。


おすすめの最新スマートグラス

これからさらに多くの企業の導入が予想され、製品としての成長が期待されるスマートグラス。機能性の優れたものを選ぶことが一番で、使用したいアプリなどに対応しているかも確認して選ぶ必要があります。


①HMT-1(realwear)



ヘルメット装着も可能な単眼タイプのヘッドマウントデバイス

RealWear社の 高性能ヘッドマウントデバイスHMT-1は、防水性、防塵性を備え、高温で危険な環境や騒音下の作業 に対応します。非常に堅牢で、ヘルメットや安全帽に装着することも可 能なヘッドマウントデバイスです。保護眼鏡や矯正眼鏡との併用にも 対応します。


②MOVERIO BT-350 (EPSON)



大画面でディスプレイが見やすい両眼シースルータイプのスマートグラス。

両目で映像を見ることができるため迫力があります。

国内でも多数の利用実績があり、比較的導入しやすい金額で販売されています。

動画を視聴するなら最大で6時間の使用が可能となり、生活防水IPx2に対応。

屋内外で異なる環境光の変化も、跳ね上げ式シェードで便利に利用できます。


③M300XL. (VUZIX)



軽量で長時間の装着もストレスなく使える単眼タイプのスマートグラス。

Android 6などを搭載し、

産業向けに防水IPx4に対応し、右目左目どちらでも装着できます。

保護眼鏡や矯正眼鏡との併用にも 対応。

ヘルメットにも装着でき、非常に軽量タイプなので、建設業界にも多くの導入実績があります。

社外品のモバイルバッテリーも接続可能になっており、長時間の連続使用も安心です。


まとめ

技術者の高齢化などもあわさり、作業現場の人手不足は深刻化しています。

インターネット環境の普及などにより、消費者ニーズもかなり多様化しています。対応できる技術者の不足、品質の向上などでお悩みの企業は、スマートグラスの導入を検討してみて下さい。