今の現場の課題は?遠隔支援システムで解決を



現場とオフィスなどを結び、作業者の支援を実現する遠隔支援システム。

その機能性の高さから、導入・運用を開始する企業が近年増加傾向にあります。

遠隔支援システムは主に現場での課題点をカバーし、煩雑な作業を自動化する役割があります。


これにより、作業時間が短縮されヒューマンエラーが軽減されるといった効果が期待できるのです。


本記事では、現場での主な課題と、それらに対する遠隔支援システムのアプローチについて解説いたします。


現場での主な課題

■現場・事務所間のやり取りが上手くいかない

作業進捗やトラブルなど、現場の状況を事務所の確認者に報告する際のやり取りが円滑に行われないことがあります。


電話では内容を上手く伝えられなかったり、写真は確認しづらかったりなどの細かなつまずきで作業が滞ってしまう事態も。

最近ではビデオ通話のアプリケーションを活用することも多いですが、作業者の手が塞がってしまうため、通信しながらの作業は困難でした。


万が一、緊急を要する際にこういったやり取りがスムーズに行えないと、状況がさらに悪くなってしまうといったことも懸念されます。


■現場までの移動コスト

現場の状況が上手く把握できないことから、事務所にいる確認者が遠方の現場まで出向かうことも少なくありません。


こういった場合は移動のためにコストや時間がかかってしまい、現場と事務所を往復する場合そのコストは倍になります。


現場にいる作業者は、確認者の到着を待つために作業を一時中断することもしばしば。これでは、効率よく作業を行うことができません。


■作業者の属人化・高齢化

少子高齢化による後継者不足といった社会的背景から、現場作業に従事できる作業者の属人化や高齢化が問題となっています。


現場作業を教育するツールが足りないことや、現場に熟練者を配置して作業することができないことで、若手作業者の教育が行き届かないといった課題もあります。


属人化・高齢化が進むと従事している作業者の負担が大きくなってしまい、作業者が現場に出向けなくなった際に業務がストップしてしまうというリスクも発生します。

現場の課題は遠隔支援システムで解決

■現場状況の把握がスムーズ

遠隔支援システムで現場と遠隔地を接続することで、スムーズな現場状況の把握が可能です。


作業者が着用しているウェアラブル端末(スマートグラス)で撮影された映像は、リアルタイムで遠隔地にある他端末に配信されます。

音声でのやり取りも可能なので、遠隔地にいる確認者は映像を見ながら遠隔作業支援を行うことができます。


さらに、映像のキャプチャーを撮影する機能を搭載した遠隔支援システムの場合、キャプチャーを撮った画像に文字や図を書き込み、作業者と共有することもできます。


■どこからでも現場を確認できる

遠隔支援システムのアプリケーションをインストールした端末であれば、インターネット環境下のどこからでも現場を確認できます。

確認者は現場に出向かずに進捗確認ができるため、現場までの移動にかかるコストを削減することが実現します。


トラブルなどが発生した際も、迅速な確認で現場に指示を送ることで早期の復旧を図ることが可能です。


■若手作業者の教育ツールとして活用できる

遠隔支援システムは作業者教育ツールとしての活用方法もあります。

若手作業者がウェアラブル端末を着用しながら作業し、遠隔地に熟練作業者を従えることで実践的な教育が可能です。


若手作業者は疑問点があった際にすぐ質問できる環境にあるため、安心して作業できヒューマンエラー防止にも繋がります。


また、ウェアラブル端末で撮影した映像を録音・録画する機能を利用すると、セミナーなどで使える映像資料としても活用できます。


■働き方改革にも繋がる

遠隔支援システムによってこれまでの煩雑な作業が効率化・自動化され、従業員の負担が軽減されます。


例えば、遠隔支援システムで熟練者や技術者などと遠隔通信することにより、作業の質問をしやすい環境が整います。これにより、作業がよりスピーディーかつ正確に完了するため作業時間が減り、従業員の負担が軽減されます。


また、現地の状況をリアルタイムで確認できることから、遠隔地の担当者が現場状況の把握のために作業現場まで出向く工数も削減されるため、移動にかかるコストをカットできます。

このようなことから結果的に業務の効率化が促進され、働き方改革としての効果を期待できます。

遠隔支援システムならLiveOn(ライブオン)

LiveOn(ライブオン)には一般的な遠隔支援システムの機能に加え、スナップショットや録音録画といった機能が搭載され、より活用方法が広がります。まずは無償のトライアル試用ができるので、ホームページよりお問い合わせください。


現場と遠隔地の作業効率向上と、従業員の負担軽減のためにも、遠隔支援システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。