作業現場で遠隔作業支援の導入を検討すべき3つの理由



建設業や製造業などの作業現場では、精密機器を扱うことが多い傾向です。そういった作業現場にて昨今、遠隔作業支援が導入され始めているのをご存じでしょうか。


遠隔作業支援は、スマートグラス等のウェアラブル端末を用いて活用するソリューション。その機能性から導入を検討し、実際に現場にて運用開始する企業も増えています。


なぜ遠隔作業支援を活用したい企業が増えているのでしょうか?


理由①従業員の負担削減

まず、一つ目の理由として従業員の作業負担を減らすことを目的としています。

従来の作業では、両手が塞がるためにマニュアルなどの資料を確認しながら作業をすることが困難でした。

精密な機械を取り扱うことも多く、複雑な使用方法をすべて暗記してから現場に向かう必要があり、従業員が現場以外で労力を使う事もしばしば。


また、作業者と技術者が作業内容についてやり取りを行う際に、現場の状況を正確に伝えることができる手段もありませんでした。

確認のために技術者が現場まで向かうということも少なくありません。


こういった従業員に負担のかかる作業を、スマートグラス等を使った遠隔作業支援でカバーすることができます。

ディスプレイ上に資料を表示することにで、作業者はハンズフリーで確認しながら作業できます。

マニュアルを丸暗記するという工数を省け、作業の正確性もアップ。

さらに作業者の視界のリアルタイムな映像を技術者に送信し、同時に通話できることから作業の確認や質問が遠隔で可能となりました。


これにより作業の効率・スピードもあがり、技術者が現場へ向かう負担やコストを削減することも実現できます。

理由②「次世代の働き方」への順応

二つ目の理由は、次世代の働き方へ順応することです。

スマートグラスにはAR(拡張現実)と呼ばれる機能が携わっています。

ARとは、コンピューター上で人が知覚する現実を拡張する技術。実際には存在しないものを、コンピューターを通じて実在しているかのように見せることができます。近年ではゲームやスマートフォンのカメラアプリなどで多く採用されています。


AR技術の発達により、作業現場にて活用するための開発が多く進められ始めました。同時に、次世代の作業現場での働き方としても注目され始め、最先端の技術を取り入れるべく導入を検討する企業が増加しています。

次世代の働き方を目指すことは働き方改革にも繋がり、若手や優秀な人材を募集する際に効果的なアピールにもなります。


何よりも次世代の働き方を目指すという事は、企業の在り方を新しいの方針へシフトチェンジさせるということ。

伝統の作業方法を保持することも大切なことですが、従来までの働き方が見直され始めている近年では、働き方に新しい方式を取り入れることも重要視されています。

そういった時代の流れの中で、遠隔作業支援を活用した働き方を選択する企業が増えています。


理由③作業人員不足のカバー

少子高齢化などの社会的背景から、企業全体規模での人手不足が深刻な問題となっています。作業できる従業員の高齢化や属人化といった現場での問題もあり、今後ますます作業のサポートを行うツールの活用が必要とされています。


遠隔作業支援なら、マニュアルや資料をスマートグラス上に共有することができるのでこれまで属人化されていた作業が、他の作業者でも着手しやすいようになりました。

さらに遠隔での作業サポートにより、これまで大人数を必要とした作業にも人員コストを削減できるようになります。


また、若手教育としてのツールに遠隔作業支援を導入する事例もあります。

熟練者が遠隔で若手作業者に作業を指示しながらレクチャーすることも可能です。

実際に手元で作業している様子をリアルタイムで同時に大人数が確認出来るので、研修の一環として多く採用されています。

遠隔作業支援ならLiveOn(ライブオン)

LiveOn(ライブオン)では、撮影した映像をリアルタイムで遠隔地に送信でき、音声通話で遠隔作業指示を行うことはもちろん、スナップショット機能を使ったより分かりやすい指示出しも可能です。


また、録音録画機能を使って教育資料として映像を保存することもできます。多機能な遠隔作業支援を、業界安値でご利用できることもポイントです。

企業の将来を見据えた経営戦略の一環として、遠隔作業支援の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

©2018 by 遠隔作業支援-IOTソリューション.