作業現場にて導入推奨!なぜ今「遠隔支援ソリューション」なのか?



近年、建築業や製造業といった作業現場にてスマートグラス等による遠隔支援システムの導入が増加の傾向にあります。


作業現場においても働き方の変化が起こりつつある今日ですが、何故今、遠隔支援ソリューションが導入され始めているのでしょうか。


本記事では、作業現場にて遠隔支援ソリューションが導入されている理由について解説いたします。

スマートグラスとは?

まずは、スマートグラスについて簡単に説明します。

スマートグラスは、メガネ型やヘルメットに装着できるような型をしたウェアラブル端末です。


搭載されたカメラで撮影した映像や音声をリアルタイムで他端末に配信することにより、他の場所にいる端末とハンズフリーでのビデオ通話ができるようになります。


また、ファイルやマニュアルなどをディスプレイ上に表示させ、ハンズフリーで資料を見ながら作業することもできます。


こういった機能から、主に建築や製造といった緻密な作業を行う現場で多く活用されています。

スマートグラス等による遠隔作業支援

精密な作業を行う現場では、遠隔作業支援の機能を活用する事例が多いです。


作業者がスマートグラス等(ウェアラブル端末)を着用し作業する様子を見ながら、事務所にいる技術者が遠隔で支援を行います。


不具合などが起こった場合も、現場からの映像を確認することで現場の状況を把握でき、作業者に的確な指示を送ることができます。

技術者が現場まで出向く必要もなく、作業効率のアップと移動にかかるコストを削減することが可能です。


また、製造ラインの現場でも遠隔作業支援が活用されています。

納期や生産に重大な支障をきたす製造ラインでのトラブルは、一刻も早い対応が必要となります。

その際に遠隔支援が有効に使われているだけでなく、トラブル防止のための遠隔監視としても活用できます。


製造ラインの停止を未然に防ぐためにも、常に技術者や管理担当者が現場を確認出来る環境が整っていると安心です。

なぜ今、遠隔支援システムなのか?

では何故昨今、遠隔支援システムの導入が増え始めているのでしょうか。

要点を大きく3つにまとめてみました。


・AR(拡張現実)技術の進歩

・熟練者の高齢化、人手不足といった社会的背景

・働き方改革の一環


まずは、AR(拡張現実)技術の進歩が理由として挙げられます。

ARとは、コンピューター上で人が知覚する現実を拡張する技術です。


ゲームを始めとしてAR市場が拡大し、技術が大きく進歩したことから作業現場への活用が増えたと言えます。


さらに、作業現場における熟練者の高齢化や人手不足、技術継承問題といった社会的背景から導入されるケースもあります。


遠隔支援の際に撮影された映像は記録として残せることや、作業に不慣れな作業者でも遠隔支援を受けながら作業ができるという点で、新人教育のツールとしても活用されています。


遠隔支援システムを採用することで作業効率アップ、作業時間の短縮効果を期待できるので、働き方改革としての「長時間労働」といった課題に効果的です。

まとめ

作業現場にて遠隔支援システムが導入されている理由について解説いたしました。

近未来的な機能にARなど、馴染みのない世界に感じますが時代は次世代の産業を目指しつつあります。


また、遠隔支援システムは単なる時代の流れで現れたのではなく、様々な社会的背景に適応し、その課題を解決するためにも導入されています。


LiveOn(ライブオン)の遠隔支援ソリューションなら、一般的な機能に加えて録音録画機能やスナップショット機能が搭載。活用方法がより広がります。

LiveOn(ライブオン)の導入で、さらに効率的な作業現場を目指しましょう。