作業現場を救う!スマートグラスを活用した遠隔支援システムとは?




日本の作業現場では、人手不足により業務過多な状況が続いています。

そんな状況を救う可能性を秘めたシステムが、スマートグラスを使った遠隔支援システム。

遠隔地にいながら作業現場の者に指示を出せる、いわば遠隔作業支援を実現するシステムです。


遠隔支援システムを導入すると多くのメリットがあります。

下記では、どのように作業現場の環境を変えられるのかを解説いたします。

##作業現場の負担を軽減する遠隔支援システム

多くの機能を活用できるメガネ型ウェアラブル端末のスマートグラス。

このスマートグラスを使用することで、遠隔作業支援を実現できます。


特に人手不足の進む作業現場の保守、メンテナンス業務で積極的に取り入れられています。

従来は人手が足りない上に技術力のある者が限られていたため、技術力のある者に作業が集中。余裕が無いため部下が育つ時間が足りず、長時間労働や業務の冗長化が問題となっていました。

遠隔支援システムを導入すると、これらの問題が改善されます。


■1人の熟練者が複数の現場を指揮する

前述の通り、これまでは少数の熟練者たちが多くの業務を担っていたため、作業量が少数の者に集中。作業の非効率化や特定の者の労働過多などが問題視されていました。

遠隔支援システム導入により、作業員の視界がモニターで監視でき作業をしながら通話や資料で指示が出せるため、熟練者が作業監督者として遠隔からの支援が可能になります。


■画像・音声などの様々な情報共有

スマートグラス側もモニター側も画像と音声両方で情報共有できるため、不明点があってもその場で解決しやすくなりました。

これまでは作業を中断して電話したり、熟練者のところに聞きに行く必要がありましたが、遠隔支援ソリューションの導入によってどこからでも確認できます。


■現地にいかなくてもソリューションできる

主にメンテナンスや保守業務で問題が発生した際、これまでは技術者が電話したり実際に赴いて解決していました。しかし、遠隔支援システムを導入すると、遠隔支援で問題を解決できるようになります。


##作業現場の長時間労働を救う遠隔支援システム

作業現場における遠隔支援システムの導入は以下のメリットがあります。


・作業効率化

・頻繁な意思疎通の実現

・教育コンテンツ化

・現地まで行かなくても、モニター上で解決

・1人の熟練者が多くの現場を監視


最大のメリットは、熟練者が作業場に常駐する必要がなくなったこと。

そして、多くの作業員をモニター上で支援でき、さらにその支援が遠隔支援で可能となったということでしょう。

副次的なメリットとしては、下記のことも考えられます。


熟練者が分からない者の元に行くという行為が不要になったことで、時間や伝達などで大幅な作業効率化が実現します。

作業者が気を遣って聞きづらかったケースも、業務効率化により意思疎通がスムーズになるというメリットも想定されます。


さらに、熟練者がスマートグラスを着用して業務を一通り行うことで、そのカメラ映像が教材となり、新人教育の際の教育コンテンツとして有用でしょう。

以上のように、熟練者や作業者、クライアントなどの流れをシステム化することで効率化が実現し、作業現場の長時間労働の是正に繋がります。

##導入事例

遠隔支援システムは、下記のような導入事例があります。


・熟練者を本部におき作業者を全国各地に配置することで、作業所の利用料軽減、熟練者の移動時間や拘束時間、コストの削減が実現した


・製造現場にあるクリーンルームなど誰でも安易に入れない場所での作業も確認でき、作業者に的確な指示が出せるため、緊急の際も対応がスムーズに


スマートグラスおよび遠隔支援システムが、近年普及され始めたツールであるにもかかわらず、導入後業務の効率化に寄与しているケースが多数あります。

特に、製造現場やメンテナンス保守の現場では導入が進んでいます。

##まとめ

遠隔支援システムは、主に作業の効率化という面から現場の負担軽減を実現します。

さらに、遠隔支援システムを導入すれば、熟練者が多くの者を管理でき、意思疎通もスムーズになり、その上業務負担が減ります。


今後さらなる需要拡大が予想される遠隔支援システム。

LiveOn(ライブオン)なら、カメラ映像の録音・録画機能やスナップショット機能で、より多岐に渡る活用方法が可能です。

この機会に、導入を検討してみてはいかがでしょうか。まずはホームページ上の無償トライアルよりお問い合わせください。