働き方が変わる!ウェアラブル端末を活用した遠隔支援システムの導入事例を紹介



多様な機能を活用し、あらゆる現場を支えている遠隔支援ソリューション。

働き方改革が進められている昨今、スマートグラス等ウェアラブル端末を活用した遠隔支援システムを導入する企業が増えています。


遠隔支援システムを導入することにより、現場ではどういった効果を得ることができるのでしょうか。

本記事では、様々な業界での遠隔支援システムの導入事例をご紹介いたします。

遠隔支援システムとは

スマートグラス等のウェアラブル端末を活用し、遠隔地からの作業支援を行うシステムです。

ウェアラブル端末に内蔵されているカメラで撮影した現場の映像や音声を、リアルタイムで遠隔地の担当者に送信。担当者は遠隔地から作業現場の状況を把握でき、通信機能で作業者とやり取りしながら遠隔作業支援を行うことができます。


これまで現場に駆けつける必要のあったケースも、遠隔支援システムならその場で解決が可能。移動にかかるコストや無駄な時間を削減することができます。

導入事例①建設現場










現場と本部を遠隔支援システムで接続することにより、作業の様子を中継し施工状況を確認することが可能です。さらに、現場で起きていることを迅速に確認できることや、品質検査を遠隔地から確認できるといったメリットがあります。


現場で記録したカメラ映像を保存できる場合、新人教育用の資料としても活用することができます。作業現場中心に深刻な問題となっている、技術継承の問題の解決の糸口としてもたくさんの企業が導入しています。

導入事例②製造ライン










製造ラインのトラブルは納期や生産に支障をきたすため、復旧・管理には緻密な作業と正確な判断を行う必要があります。一刻も早い対応が必要となりますが、夜間や早朝などの場合は技術者が遠隔にいるため復旧に時間を要しました。


そういった課題を背景に、遠隔支援システムが導入されています。


ウェアラブル端末を装着した従業員が両手を空けた状態で作業しつつ、技術者が遠隔で映像を確認しながら作業指示を送ります。技術者が現場まで駆けつける必要がないので早期の復旧が可能になりました。


また、トラブル時以外にも監視として遠隔支援ソリューションを活用できます。製造ラインの停止を未然に防ぐためにも、常に技術者や管理担当者が現場を確認出来る環境が整っていると安心ですね。

導入事例③鉄道関係










車庫と本部を遠隔支援システムで接続し、車両の情報を共有する際に利用できます。トラブルの対応や車両のチェックを遠隔地から行うことで、作業が効率よく進みます。


さらに事故などが発生した際、迅速な事故状況や故障部分の把握にも遠隔支援システムが活用されます。


車庫を始めとし駅ホーム・線路上・地下トンネルなど現場が変わることの多い鉄道関係業界にて、遠隔支援ソリューションは非常に有効な業務サポートを行います。

導入事例④高速道路管理



















事故が起こった際、現場に向かうことが一般道より少し困難になることの多い高速道路。素早い事故状況の把握のために、遠隔支援システムが活用されています。


現場と本部を遠隔支援システムで接続することで、トラブルの早期対応が可能に。また、現場に駆け付ける要員を最小限に減らし、現場付近での渋滞や混乱を防ぐことにも繋がります。


さらに、現場との情報共有のほかに社内の会議にも遠隔支援システムが利用されています。移動にかかる時間やコストを削減することで、全体の業務の生産性向上が期待できます。

まとめ

様々な業界での遠隔支援システムの導入事例をご紹介しました。

遠隔支援システムの導入で働き方を変えることにより、今まで手の届かなかった作業が出来るようになったり、従来の作業スピードが上がるなど、プラスな効果を期待することが可能。従業員の負担軽減にも繋がります。


遠隔支援システムLiveOn(ライブオン)なら、一般的な遠隔支援システムの機能に加え、スナップショットや録音録画といった機能が搭載され、より活用方法が広がります。

まずは無償トライアルを試用してみてはいかがでしょうか。