遠隔支援システムならLiveOnがおすすめ。その理由は?



頭部に装着するタイプのウェアラブル端末スマートグラス等を活用し、ハンズフリーでビデオ通話や遠隔指示が可能となる、遠隔支援システム。

その便利な機能性から、近年では多くの企業が導入を始めています。


本記事では、遠隔支援システムLiveOn(ライブオン)についてご紹介いたします。

遠隔支援システム製品探しをされている担当者の方は、是非参考にしてみてください。

遠隔支援システムとは

スマートグラス等のウェアラブル端末を活用し、遠隔地(オフィス等)からの作業支援を行うサービスです。


ウェアラブル端末に搭載されたカメラで撮影した映像と音声を、リアルタイムで遠隔地の他端末に配信。

遠隔地にいる管理者は、現場の映像を見ながら作業者へ遠隔作業支援を行うことができます。


また、作業者はハンズフリーで管理者とのやり取りが可能な為手を止めることなく作業を続ける事が可能です。

こういった機能から、主に建築や製造といった緻密な作業を行う現場で多く活用されています。

LiveOn(ライブオン)がおすすめな理由

映像と音声において圧倒的な配信クオリティを誇り、低帯域でも映像が途切れづらく快適にご利用いただけます。

接続が切れてしまった場合も、自動再接続機能でLiveOn(ライブオン)が自動的にネットワークを再検出します。


カメラ映像の録音・録画機能やスナップショット機能も搭載しており、配信された映像を記録として残すことも可能です。

国内メーカのため、サポート体制もスピーディー。

月6,000円~と業界安値の低ランニングコストでの導入が可能な点も、おすすめするポイントです。

導入によって得られる効果

■現場の作業工数が削減される

LiveOn(ライブオン)で現場と本部を接続することにより、現場の作業状況を常時把握することができるため、作業進捗の管理にかかる工数が削減されます。


さらに、トラブル発生時にもリアルタイムな映像を通じて現場への遠隔作業指示を行うことができ、現場へ出向くための工数・コストを省くことも可能です。


■作業品質がアップする

現場作業経験の浅い作業者も、遠隔地にいる熟練作業者を従いながら作業することができます。そのため作業上のミスや漏れが軽減され、作業品質が向上します。


他にも、点検作業の映像を遠隔地からダブルチェックすることにより、ヒューマンエラーを防ぐこともできます。


■技術伝承のツールとして活用できる

LiveOn(ライブオン)には、スマートグラスで撮影したカメラ映像を録音・録画する機能が搭載されています。

この機能を利用し記録した現場作業の映像は、作業技術を指導する際の参考資料にもなります。

新人教育ツールとしての活用で、作業の属人化を防ぎます。

導入までの流れ

LiveOn(ライブオン)の機能は、まず無償のトライアルでお試しいただけます。

現場の状況に合わせたご提案を行い、ウェアラブル端末実機を使用した接続イメージを確認可能。実環境でのトライアルで、使い心地や運用の流れを試用できます。


導入後は、メーカーによるアフターサービスや説明会などでお客様のサポートを実施します。

遠隔支援システムはLiveOn(ライブオン)で

遠隔支援システムおよびスマートグラスの導入は、企業の将来を見据えた投資。自社内の課題を把握し、導入目的を明確にすることでスムーズな導入が実現します。


様々な社会的背景により開発され、近年普及が増加した遠隔支援システム。今後もと需要拡大が予想されるでしょう。

遠隔支援システムLiveOn(ライブオン)で、現場作業の効率化と品質向上を目指しましょう。

©2018 by 遠隔作業支援-IOTソリューション.