遠隔支援システムの導入で期待できる働き方改革とは?



遠隔支援システムの活用から多数の作業現場にて導入されているスマートグラス(ウェアラブル端末)。


多くのメリットがあることで、様々な業界の企業から注目されています。近未来的な機能から、働き方改革の一環として採用されることも。


そんな話題のスマートグラスですが、作業現場で導入した場合どのような働き方改革が期待できるのでしょうか?


本記事では、スマートグラスの導入によって期待できる働き方改革について解説いたします。

働き方改革についておさらい

まずは、働き方改革について要点をおさらいしましょう。


働き方改革とは、つまり「一億総活躍社会」の実現に向けた取り組み。

「一億総活躍社会」は、少子高齢化が進む中でも人口1億人を維持し、その全員が職場や家庭で活躍できるような社会を指します。


そのために企業は、従業員が働きやすい環境を整える努力をしなければなりません。


働き方改革を進めるにあたって課題となっているのは、

・長時間労働

・非正規と正社員の格差

・労働人口の不足

主に上記の3つです。


遠隔支援システムの導入により改善が期待できる課題は「長時間労働」と「労働人口の不足」。

それでは次から、具体的にどういった改善の可能性があるのかについて解説しています。

改革その①作業効率のアップ

作業者が技術者に指示を仰ぐ場合には、電話して口頭で伝えるか、メールなどを使い写真と文字だけで伝達する方法しかありませんでした。

それでは時間が掛かってしまったり、技術者が正しい情報を把握できないといったケースが発生してしまいます。


スマートグラスの遠隔支援システムだと、作業者はハンズフリーで技術者と会話でき、技術者は作業者のリアルタイムな手元を確認できるので正確な判断ができます。


これにより作業の効率が大幅にアップし、生産性も向上。

従来より短時間で作業を終わらせることが可能になりました。

改革その②従業員の負担軽減

遠隔支援システムを活用することによる従業員の負担軽減には、様々な事例があります。


・作業者が技術者などに質問しやすくなった

これまで手間のかかっていた作業上の疑問の解決過程が、遠隔支援システムによりスムーズになったため、より質問をしやすい環境が整いました。

まるでその場に技術者がいるかのような環境により、作業者が不安なく作業を行えるようになります。


・技術者の移動コストが削減された

現場でトラブルなどが起きた際、技術者は現場を確認するためわざわざ現場まで出向き、作業者に直接伝達するというケースは少なくないでしょう。


これでは移動コストや無駄な時間を要してしまいますね。


スマートグラスなら遠隔で現場のリアルタイムな状況を確認し、同時に指示も送れるので、技術者が現場まで出向く負担が軽減されます。


改革その③教育ツールとして活用し人手不足をカバー

遠隔支援システムは技術継承や若手育成の教育ツールとしても活用できます。


作業熟練者の高齢化や属人化により作業者の人手が足らないといった問題でも、スマートグラスを新人作業者が着用し、遠隔で熟練者が作業の指示をするという活用方法が有効です。


新人作業者は作業の練習にもなり、人材育成の面で効果があります。


また、研修などではインストラクターの手元映像を確認しながら学習するという方法もあります。

一斉に大人数が手元の映像を確認でき、さらに実際の映像なのでリアリティのある研修を受けることができますよ。

まとめ

遠隔支援システムの導入によって期待できる働き方改革について解説いたしました。

改革その①とその②では長時間労働の解消につながり、その③は労働人口不足の問題解決に有効です。


社内で福利厚生などを充実させるといった取り組み方も大事ですが、作業の効率をアップさせることにより、職場の働きやすさは格段に上がります。


最先端技術が進んだこの時代だからこそ、遠隔支援システムを導入した働き方改革に取り組んでみませんか。