遠隔支援システムの導入に失敗しないためのポイントとは?



近年、スマートグラス等ウェアラブル端末を利用した遠隔支援システムの導入を行う企業は増加傾向。

建設業や製造業など様々な業界で、作業の効率化を図るツールとして需要が高まっています。


しかし、ウェアラブル端末が作業現場にて普及し始めたのはここ最近のこと。そのため、ウェアラブル端末や遠隔支援システムに関する知識を持った方や、導入の経験のある方はまだまだそう多くない印象です。


本記事では、遠隔支援ソリューションの導入に失敗しないためのポイントについて解説いたします。

必要なポイントを押さえ、効果的な導入を目指しましょう。

遠隔支援システムとは

スマートグラス等に内蔵のカメラで撮影した現場の映像や音声を、リアルタイムで遠隔地にある他端末に送信。遠隔地から作業現場の状況を把握しながら、映像と音声で遠隔作業支援を行うことができます。


これまで現場に駆けつける必要のあったケースも、遠隔支援システムならその場で指示の送受信が可能なため、移動にかかるコストや無駄な時間を削減することができます。

現在、主に建築や製造といった緻密な作業を行う現場などで多く活用されています。

導入に失敗しないためのポイント

■導入の目的・目標を明確にする

まずは、自社にウェアラブル端末及び遠隔支援システムを導入する目的や目標を設定することが大事です。


導入の目的や目標は企業により様々。遠隔作業支援のみに活用したい場合から、若手教育(技術継承)のツールとして、さらには働き方改革の一環を目的として導入されるケースが多いです。

自社内の課題や遠隔支援システムに求めるニーズは何かを把握することで、導入の目的が明らかになり、よりスムーズな導入が実現します。


また、遠隔支援システムの導入が自社にどういった効果をもたらし、どれほどの目標を達成させるかの目標設定も有効なポイントです。


■従業員からの理解を得る

実際に使用することになる作業担当者を始め、従業員に遠隔支援システムの導入についての理解を得ることも大切なポイントです。


遠隔支援システムは近年普及され始めたばかりの新しい技術なため、一般的な理解を得られにくいことがあります。

「効率化を図ると人員が削減される」などといった見解から、単純な反対を受けることもあるかもしれません。


遠隔支援システムを導入することにより、自社や従業員にどのようなメリットがあるのか、反対にどのようなデメリットがあるのかをしっかり説明し、理解してもらうことが重要です。

導入後の運用に関するサポートや使用方法のトレーニングなどについても、従業員の不安がないよう整えておくこともポイントです。


■必要な機能が備わっているか確認する

遠隔支援システムには様々な製品があり、活用できる機能も製品により多種多様です。製品選びの際は、遠隔支援システムに求める役割を果たすことのできる機能が搭載されているかを確認しましょう。


また、機能の活用方法は現場や業界によって異なり、それにより機能の必要・不必要も発生します。導入後に望んでいた機能を活用できるよう、製品の比較を行うことも重要です。

LiveOn(ライブオン)では、撮影した映像のスナップショット機能や、録音録画機能が搭載されています。作業現場の記録を残したい場合や、技術継承資料の作成などといった場合に有効に活用できます。


さらに資料共有の機能もご利用できるため、より多義に渡った活用が可能。

業界安値のランニングコストで導入できる点もおすすめです。

まとめ

遠隔支援システムの導入に失敗しないためのポイントについて解説いたしました。

製品には、無償トライアルを利用できるものもあります。実際に試用してみることで、使い心地や機能を確認することができるので、まずはトライアルを実施することがおすすめです。

LiveOn(ライブオン)でも無償のトライアルを行っています。毎月3社限定となっておりますので、お早めにお申し込みください。