LiveOn(ライブオン)を使った遠隔支援システムとは?



作業現場での様々な課題を解決する支援を行う、遠隔支援システムLiveOn(ライブオン)。

多岐にわたる活用方法で従来の煩雑な作業が改善され、作業の効率や売上の向上を期待することができます。

本記事では、LiveOn(ライブオン)を活用した遠隔支援システムの特長について解説いたします。

作業現場での問題点

LiveOn(ライブオン)の遠隔支援システムを活用するにあたり、まずは現場でどのような問題点があるのかを把握する必要があります。そこで、よくある問題点をいくつか挙げてみました。


■ 現場状況の伝達がスムーズでない

作業者が現場の状況を事務所などに伝える必要がある場合、従来までは電話での口頭の説明かメールなどで写真と文字のみで伝えるしかありませんでした。


これらの方法だと時間や手間を要するだけでなく、指示を受けながら同時に作業することも困難です。

緊急時の対応にも時間を要する事態になり得ると、クライアントからの信用問題にも繋がってしまいます。


■ 従業員の高齢化、属人化

現場で作業できる熟練従業員の高齢化による後継者不足や、属人化による従業員の負担といった現状も問題視されています。


複数人の若手技術者を一度に現場で研修することは難しく、なかなか実践的な練習が行えなかったりなど、新人教育の面でも課題が残っています。


■ 移動コスト

現場と事務所での細かな状況把握ができないことから、事務所にいる技術者などがわざわざ現場まで駆けつけるということも少なくないのではないでしょうか。


そういった場合、移動にコストを要したり、時間をかけてしまいます。移動中に行える作業も限られてくるので、迅速な対応が難しいです。

LiveOn(ライブオン)とは

LiveOn(ライブオン)は、Web会議システムをベースに開発された遠隔支援システムです。

音声遅延と音切れを極力回避し、スムーズなやり取りを行うことができるのがポイント。

低帯域でも途切れづらく、自動再接続機能が標準搭載されているので途切れてもすぐに復旧が可能です。


録画録音やスナップショット機能も搭載しており、最大800拠点の同時接続実績があります。

業界安値のランニングコストで、操作も簡単なのですぐに運用を開始できます。

導入の際はまず無料トライアルを行ってみるのがおすすめです。

LiveOn(ライブオン)を使った遠隔支援システム

スマートグラス(ウェアラブル端末)とその他の端末にLiveOn(ライブオン)をインストールし、それぞれをWi-Fi経由でインターネットに接続すると、映像と音声を使ったコミュニケーションを取ることができるようになります。


これにより、遠隔支援や指示伝達といった機能が付随され、現場作業で活用していただくことができます。


LiveOn(ライブオン)の遠隔支援システムを導入すると、現場状況の把握にかかる工数が削減され、現場の進捗管理の見通しが良くなります。


遠隔で技術者など熟練者の指示を受けながらハンズフリーで作業することもできるため、現場作業の品質とスピードが向上します。

作業のミスも格段に減らすことが可能です。


LiveOn(ライブオン)には録音録画機能や大人数への配信機能が搭載されており、セミナーなどでの教育ツールとしても活用可能。


作業ができる従業員の人手不足や属人化といった問題にも、遠隔支援を活用することでいつでもだれでも作業を行うことができるようになります。

まとめ

遠隔支援システムLiveOn(ライブオン)をご紹介いたしました。

多様な機能が搭載しており、高品質な通信が可能にもかかわらずランニングコストは業界のなかでも安値。


スマートグラスで遠隔支援ツールは使いたいけどコストは抑えたいという方には非常におすすめです。

LiveOn(ライブオン)の遠隔支援システムで、作業の効率をアップさせましょう。